Facebook Twitter YouTube MySpace mixi
mixi

▼モバイル用QRコード▼ QRコード
 
個人的に、寒い季節になるとエモーショナルな音楽を聴きたくなる傾向が
昔からあるんですが、そういう人いてますか?

周りでもちょくちょくと賛同してくれる友人もいたりしますが。

自分のルーツの1つでもある00年代のスクリーモはもちろんですが
叙情系ハードコアのエモーションも捨てがたいです!


最近は国内シーンでもいわゆる"叙情系"とくくられるバンドの活躍が
目立つようになってきたかなという印象です。


そこで、国内外の叙情系バンドを取りあげてみようかなと!


国内系で好きなバンドがいる人は海外バンドもチェックしてほしいですし
海外バンドをメインで聴いてる人は国内バンドの良さも知ってもらえれば!




まずは国内バンドをいくつかピックアップしていきましょう!







■Gusanos / Life Chord (digipak CD) 2,160円

2015年の礎年間チャートでも2位を獲得!京都を代表する叙情系バンドGusanosの1st FULL!結成から10年越しでのフルアルバムリリースは多くの人に衝撃と感動を与えてました!叙情サウンドをベースに、ドラマティックでダイナミックな独自世界観でリスナーを虜にしています!





■a Soulless Pain / 繋ぐ世界 (CD) 1,575円

こちらは名古屋を代表する人気バンドaSP!ハードコアのモッシュグルーヴ、哀愁メロディ、疾走パート等を盛り込んだドラマティックな展開と、日本語詞をフィーチャーしたボーカルのシャウト、スポークン、ポエトリー、クリーンまでを自在にこなす存在感が人気で、再入荷しては売切れるロングセラータイトルです!





■Hopeless Raven / 光の傍で (CD) 2,160円

過去作含め不動の人気を誇る東京出身叙情激情ドラマティックハードコアが前作から約3年半の時を経てリリースした2nd FULL!繊細すぎるエモーショナルな泣きメロと疾走感、激情が絡み合う静と動のドラマティックな展開に心を奪われる人も多数!



上記のようなバンド以降世代の若手バンドの台頭もここ数年で
かなり目に付くようになってきました!

そこにスポットを当ててみましょう!





■Justice For Reason / じんせい (CD) 1,080円

"京都発叙情派社畜コア"という世界観を完全に確立して、スーツでライブするというスタイルが話題にも上りやすいですね!イロモノと思われるかもしれないですが、そのサウンドは本格的な叙情ハードコアを鳴らしてます!哀愁感と激情を詰めこんだサウンドに乗せて全国のサラリーマンの苦悩を代弁するように心の叫びを吐き出す!





■Azami x Vision of Fatima // Wolf / Wave (CD) 1,620円

先日京都カオティックハードコアVision of Fatimaとスプリットをリリースした埼玉出身のAzamiは、単独作が礎でも大好評だった叙情ハードコア!叙情サウンドを軸に、激情やメロディックハードコア、さらには00年代スクリーモからの影響も感じ取れる激しさとキャッチーなメロディをブレンドした展開で、現在のシーンにおいてもトップクラスの人気になるんじゃないでしょうか!





■And Protector / COLD (CD) 1,944円

静岡出身日本語詞叙情激情エモーショナルハードコアAnd Protectorは過去作のep二枚も今でも買い求めるお客さんがちょくちょくいてる人気バンドです!叙情激情ハードコア、エモーティヴ等をベースにしたサウンドに、感情を乗せたシャウト寸前のボーカルが歌う日本語詞のストレートさが◎!




ちょっとここらで変化球。
というか、少し毛色は違うけど叙情好きにもチェックしてもらいたいバンドを。




■午前四時、朝焼けにツキ / 飴玉泣イタ (CD) 1,728円

平均年齢22歳、新潟出身日本語詞フィーチャートリプルギターフィーチャーのエモーショナルロック/激情ポストハードコアといったスタイルのバンドです!メロディのキャッチーさはメジャー感もありつつですが、変則的な展開なども織り交ぜ、郷愁を誘うエモーショナルなメロディで静と動、美と激を交差させ昇華させていくサウンドがかなりエモいです!




↑の国内バンドはほんの一部なので、他の叙情系バンドも
掘って、広げてしていってもらえれば♪




さてさて。


ここまでの国内バンドで興味引かれるバンドがいた、好きなバンドがあった人は
ぜひ、これから紹介していく海外バンドもチェックしてほしいです!


まずは年明けの来日も決まっているバンドから!




■COUNTERPARTS / tragedy will find us (CD) 1,890円

カナダ出身の超人気バンドで、これは15年リリースの最新4th FUL。叙情系と言えば必ず名前は挙がってきます!礎ではマーチ類も好評です!疾走感たっぷりに駆けるパッションと叙情感、哀愁が折り重なったサウンドに、これまたパッショネイトに叫ぶシャウトボーカルのアツさ、そしてドラマチックに展開させていく流れが最高!





■HUNDREDTH / free (国内盤CD) 1,944円

↑のCOUNTERPARTSと並んで人気の高いバンド!メロディックハードコア成分も含まれてて、パッショネイトでアツいのにエモーショナルっていうバランスが素晴らしく、ダイナミックとドラマティックが共存する展開は、男泣きってかんじです!





■AMBLESIDE / shape me (CD) 1,790円

叙情系バンドの中でも近年シーンに登場してきた新鋭バンド!ですが、そのクオリティの高さで人気度も強まってきてます!メロディックに強く駆ける疾走感と、エモーショナルに展開させていくギターメロディの具合が絶妙なバンドです!タフなシャウトとクリーンボーカルの交差も泣けますね〜!





■HIGH HOPES / sights & sounds (CD) 1,790円

16年に来日も果たしたUK出身の叙情ハードコアバンドで、リリース元のレーベルVICTORYはCOUNTERPARTSも以前所属していたことありで、それだけでも期待値が上がりました!そしてそれを裏切らない内容!強弱メリハリを効かせた叙情サウンドを展開してます!





■TO THE WIND / the brighter view (CD) 1,890円

こちらも過去作も評判よいバンドです!叙情系バンドのラインナップの中に名前が出て来る頻度も多くなりましたし、好きな人も増えてきましたよ!重さもあるメタリックなリフと疾走感、哀愁メロディと熱いパッションが重なったサウンド。シャウトボーカルとクリーンメロディ、シンガロングコーラスの掛け合いもさすがです!





ここまではメロディックハードコア要素が強めに出たバンドを中心に紹介しましたが
もう少しポストハードコア要素、エモーショナル要素が強いバンドもいますよ〜




■CAPSIZE / a reintroduction: the essence of all that surrounds me (digipak CD) 1,790円

16年に来日、国内バンドのところで紹介した、AzamiとVision of Fatimaのツアーにも帯同していたバンドなので、来日公演観られた人も多いかな?前作はメロディック要素強めでしたが、この作品は初期スクリーモやポストハードコアもミックスしたスタイルになっていて、その進化に驚きました!





■BEING AS AN OCEAN / s.t (digipak CD) 2,190円

15年には来日も果たしている、ここ最近の叙情系の中ではその人気はトップクラスのバンド!タフさと繊細さ、剛と柔の絶妙なバランス感覚を落とし込んだエモーショナルな展開のサウンドに、存在感バツグンのシャウトボーカルと哀愁唄メロの交差もGoodです!





■DEPENDENCE / holding on when moving on (digipak CD) 1,890円

繊細で流麗なクリーントーンのギターから奏でられる哀愁を帯びたメロディが生み出す叙情感、繊細なメロディとは対照的に感情的に叫ぶ激情シャウトボーカルの対比が素晴らしい!アトモスフェリックな空気感の中での悲痛な叫びが胸を締め付けます!



激情繋がりでこのバンドも紹介しておきましょう!



■TOUCHE AMORE / stage four (CD) 2,190円

日本でも、ハードコアや叙情/激情好きをはじめファンベースもしっかりあるバンドの最新作です!モダンハードコアからメロディックハードコア、叙情/激情などを消化したサウンドは激しさと儚さが一体となった世界観!これも胸を締め付けられる系のサウンドかなと!




さて!
いろいろと紹介してきましたが、気になったバンドはいたでしょうか?^^


その時の気分で聴く音楽が変わるのはもちろん、季節によっても
聴く音楽を変えてその時期の空気を味わうのもありかなと思いますよ♪



店主のコーナー

Daigo Higuchi
新入荷情報を中心に礎の音楽発信随時UP!
12.13 新入荷情報更新!
店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら